九酔渓温泉 渓谷の宿 二匹の鬼へ

通潤橋を後にして、本日の宿泊先である九酔渓温泉 渓谷の宿 二匹の鬼へ向かいます。

この二匹の鬼はこの後何度か訪れましたが、今回が初めての宿泊です。

DSCF2055

来る途中の峠には桂茶屋という、顔に塗りたくった陽気なおばさんがいました。
この桂茶屋は2013年の5月に火事で全焼してしまって、しばらくはプレハブ小屋でやってましたが、一旦営業終了して2014年の春に再オープンだとか。

DSCF2071

 

今回はまっちゃんと二人なので、小さな別棟の宿です。

DSCF2038

近くに専用の温泉があります。この二匹の鬼はいろんな宿泊施設がありますが、それぞれに独立した専用の温泉が付いているのが良いですね。

DSCF2041DSCF2043

二匹の鬼は食事も素晴らしく、いろいろな料理で多彩におもてなしをしてくれます。

DSCF2044

お品書きと前菜

DSCF2045

 

お刺身と

DSCF2046

豊後牛のすき焼き

DSCF2047

DSCF2049

そろそろ腹いっぱい&酔いがまわってきました。

DSCF2050

DSCF2053

 

デザートが出た頃には。。

DSCF2051

もう沈没です。。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Current template: