崎津教会堂とチャペルの鐘展望公園

天草に渡り、最初に立ち寄ったのがこの崎津教会堂です。

2014-04-30 11.17.07

この崎津教会堂の歴史は、キリシタンが潜伏していた崎津には1880年から宣教師がきていたそうです。

そして、1928年にハルブ神父という方が庄屋屋敷跡を買い取り、1934年に現教会堂を建てたそうです。教会堂の中は写真撮影禁止だったので画像はありませんが、正面祭壇は絵踏みが行われた場所なんだそうです。

その後チャペルの鐘展望公園に行くことになったのですが、これがもう凄い階段で、膝がガクガク・・一人なら絶対引き返していました。

2014-04-30 11.35.08

 

ゼイゼイ言いながら老体に鞭打って登ってみると、確かにチャペルの鐘がどんと置いてありました。

展望所からの眺め。

2014-04-30 11.34.36

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Current template: