新穂高の湯へ

久しぶりにツーリングレポート。

平湯キャンプ場での朝、今日もいい天気です。

2013-08-12 06.54.40

年寄り二人は朝6時には朝食を済ませ、テントの撤収に入ります。

2013-08-12 06.54.23

本日の目的地は、例によって行き当たりばったり。。ですが、とりあえず新穂高の湯で温泉に入ろうという事になりました。

新穂高の湯は蒲田川沿いにある、公共の露天風呂ですが、お湯はぬるめなので冬場は入れないとか。

この露天風呂から湧き出しているのではなく、途中ここまで下りてくる道沿いに温泉を供給するホースが走っていたので、どっか近くから温泉を供給しているようです。個人的にはその場から湧き出る源泉がある温泉が好きなんですが。

とりあえず橋の上から

2013-08-12 10.08.56

入ってみるとこんな感じ。

2013-08-12 10.59.18

お湯は無色透明の無臭で、肌辺りがやさしい感じの泉質です。ぬるめのお湯は心地よですが、岩場の影に入らないと直射日光をもろ浴びるので、出来れば麦わら帽子くらい被って入った方がよろしいかと。また最大の問題は、が多い事!

これは川沿いなので仕方ないですが、温泉に浸かっているときはまだしも、岩の上で涼をとっていたら虻の攻撃に遭います。

なのであまり長居はせず、とりあえず風情だけ楽しむか、はたまた虻のいない時期に入る方が良いですね。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Current template: