バンディット1200Sの失火

現在の愛車バンディット1200Sは、ヤフオクで個人の方から購入しました。

落札して現車を引き取りに行った際、出品者の方が、エンジンが暖まるまで1気筒失火することがある、暖まったり高回転で回すと問題なく火が入る。といった事を言っていました。

まあ現状販売で安く手に入れて、あとは自分でコツコツ整備予定だったのでたいして気にもしていなかったし、引き取って帰り道は高速にすぐ乗ったので特に失火を感じることなく快調に飛ばして帰路に。

持ち帰って、名義変更等で街乗りをすると確かに時々ガソリンタンクの下の辺りから「ぷすっ」とか「チッ」ていった感じの音が聞こえて、タコメータのはりが一瞬ハンチングしていました。

確かにどれかの気筒が失火しているようです。

いろいろ原因を調べてみると、キャブの同調用の負圧パイプの部分から、2次エアーを吸っていてリーン状態になって失火するというのが判りました。

この負圧パイプは各気筒毎にあって、通常ブラインドキャップが付いているのですが、なにかのはずみでそのブラインドキャップが飛んでしまい、そこからエアーを吸っていしまうようです。

さっそくキャブを外して確認することに。

DSC_0099

ポートのところにあるブラインドキャップです。

いざキャブを外してみると、エンジンとキャブのつなぎの樹脂製マニホールドもクラックだらけでした。。

Oリングも完全にへたっていて、ここからもエアーを吸っている可能性がありそうでした。

DSC_0102

樹脂のマニフォールども新品に交換して、キャブのブラインドキャップも交換したところ、前出の失火は完全になくなりました。

DSC_0107

ただこの時純正のブラインドキャップが欠品中で手に入っていなかったので、ナップスで適当なキャップを買って付けたのですが、結局これもすぐダメになって、またしても失火の洗礼を浴びることになっていしまいました。。

やっぱりエンジン回りはテキトーじゃだめですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Current template: